アイコスとは何!?電子タバコ、VAPEとどう違う!?


アイコスとはタバコの一種として認識されており、電子タバコ(VAPE)とは別物です。VEPEと同じ種類だと思っている人がいますが、実はちょっと違うので注意してください。
アイコスは電子タバコとは吸引のメカニズムが違っており、電子タバコ(VAPE)は液体を熱して蒸気を吸うのに比べて、アイコスはタバコの葉を加熱して蒸気にして吸い込むのです。このため「加熱式タバコ」と呼ばれて、タバコが好きな人には広く知られています。
アイコスにはニコチンが含まれていますが、タールは含まれていません。癌を誘発する物質はタールです。これが含まれていないことで、タバコの本来の体への害を減らしてくれます。副流煙も出てこないので周りの人にも優しいですね。煙が少なく臭いがあまりないところもアイコスの特徴です。アイコスが普通のタバコと大きく違うのは煙がもくもくと出ないところです。それ以外は紙タバコに近いでしょう。
VEPEはアイコスと違ってニコチンもタールも含まれていないものです。しかしタバコ中毒者にとって、ニコチンがないということは少々つらいことかもしれません。そのニコチンを吸うことができるタバコがアイコスなのです。体に悪い物質であるタールを取り除いて、ニコチンだけ服用できるのがアイコスの特徴です。
より紙タバコ感を出したい人は紙タバコに味が近いアイコスがおすすめです。タバコを吸っている感覚がとても強いため何度も禁煙に失敗している人にはおすすめです。ただしアイコスにはニコチンが含まれているというところは心しておきましょう。ニコチンには中毒性がありますからね。またアイコスは一回吸うと次に吸う前に充電が必要になります。これも少し面倒くさいですね。