電子タバコは安全?体への害はないの?


タバコは百害あって一利なしと呼ばれる典型的なものです。依存性の強いニコチンや体に悪いタールが入っており、発がん性物質はなんと50種類以上入っているのです。
これをご覧になれば体にかなり悪いものだと分かるでしょう。
このタバコをやめるために電子タバコに切り替える人がいますが、タバコを電子タバコに代えると本当に安全なのでしょうか。
実はこの電子タバコの安全性はまだはっきりとは証明されていません。
今はまだ電子タバコの有害物質については研究段階にあり、電子タバコが完全に安全だとは言い切れないのです。ただ普通のタバコを吸う場合と比べると電子タバコの方が遥かにリスクは少ないです。理由は電子タバコには通常のタバコに含まれる「ニコチン」や「タール」や「一酸化炭素」が一切含まれていないからです。
依存性の強いニコチンや発がん性の強い物質が10種類以上入っているタール、それから血液中で酸素の運搬を阻害して酸素を欠乏させる一酸化炭素はタバコの中でも大きな有害物質です。
これは確実に入っていないので、大分健康への被害が少なくなります。
このタバコで真っ先に挙げられる3つの有害物質が入っていないというのは電子タバコの強みです。また電子タバコは通常のタバコと違い、副流煙も発生しないので、周りの人が健康被害を被ることもありません。この点で非常に害が少ない商品だといえるでしょう。
電子タバコの安全性はまだ確認の最中で、完全に安全だとは言い切れません。
実際本当に一部の電子タバコですが、有害物質が発見されています。
しかし普通の紙タバコと比べると遥かに安全で健康への被害も少ないので、タバコをどうしてもやめられない人はこちらを試してみてはいかがでしょうか。
ただ電子タバコは同じものをずっと使い続けていると品物が劣化します。しっかりメンテナンスして正常な状態で使うようにしましょう。